千葉の圓明院、樹木葬の種類について

さくら樹木葬

しだれ桜の樹木。一家族一本の個別樹木葬地です。 故人は自然に還り桜の花となり、毎年圓明院の境内を彩ります。川崎から東京湾アクアラインで30分、首都圏からも好アクセスで、自然豊かな立地条件です。

樹齢千年カヤの木

当山の歴史についてふれますと、開創は鎌倉時代の初期と伝えられ、この上総国に関東第一と謳われた入定寺という修験道場の末寺の一つに数えられました。時代は下り戦国の世となって、興隆を誇っていた入定寺も北条氏に加担した件より没落を余儀なくされ、当山もその難を逃れることが出来ず一時は無住となりました。
詳細はこちら:https://sensin.net/