ニキビの種類とその原因を把握した上で対策をしよう

一口にニキビといってもいろいろな種類があり、まず大人ニキビと思春期のニキビに分類することが出来ます。

思春期のニキビは出来やすいけど肌の新陳代謝が早いので治りやすいのが特徴と言えます。

それに対して大人ニキビはなかなか治らないので潰してしまい跡が残ってしまいがちです。

ですがターンオーバーのサイクルが遅くなっているのでニキビ跡の改善にも時間がかかるので大人ニキビの対策は予防に力を入れることをお勧めします。

また炎症のない初期の段階の白ニキビ、白ニキビの毛穴が開き毛穴の奥の皮脂と埃などが混じったモノが酸化した黒ニキビとがあります。

さらに炎症を起こした赤ニキビ、赤ニキビが悪化して膿んでしまった黄色いニキビとがあり初期の段階の方が当然治りが早いのでニキビは白ニキビの内にケアするようにしましょう。

ちなみにニキビが出来る原因や場所も大人ニキビ、思春期のニキビとでは異なります。

思春期のニキビは20歳前後までで皮脂の過剰分泌が原因と言えます。

大人ニキビは肌の乾燥、ストレス、食生活などが原因で起こるので対策についても原因を把握した上で対処することが重要です。

皮脂分泌が原因の場合は皮脂分泌の抑制を意識する必要がありますし、ストレスが原因の場合はストレス対策、乾燥が原因の場合は保湿ケアに重点を置くことが大切と言えます。