シワを作ってしまう原因として「摩擦」が挙げられる

シワを作ってしまう原因として「摩擦」が挙げられます。
摩擦によるシワは目元に多くできてしまいます。
目元は他の部分に比べると皮膚が薄ので摩擦によるシワが現れやすいです。
目はメイクにも力が入る場所で、目力を強調するようなガッツリとしたアイメイクをする人も多いです。
アイメイクを行っている際に何度も目元をなぞったり、マスカラなど落ちにくい化粧品を落とす際にゴシゴシと肌を擦ってしまうことがシワを作りやすくします。
アイメイクやアイメイクをオフするときに目元の肌をゴシゴシと擦って刺激を与えてしまうのが続くとシワにつながってしまいます。
また、メイクオフの時だけでなく、洗顔時にゴシゴシを擦って行ったり、化粧水や乳液、クリームなどをガシガシ塗ってしまうといった乱暴なケアを行ってしまうのもシワを作る原因につながります。
普段のケアで肌をゴシゴシ擦ってしまう場合は今一度やり方を見直して、ゴシゴシ擦ることをしない優しく丁寧なケアを心がけることが必要です。
肌の摩擦にダメージはすぐ形となって現れるわけではありませんが、ダメージが蓄積されると間違いなくシワへとつながってしまうので、肌に刺激や摩擦を与えてしまうのはシワの大きな原因となってしまいます。