デブ習慣になる細かいNGな行動たちついて

デブ習慣になりやすい行動というのは何も通常の食生活だけではありません。
ついついやってしまいがちなNGな行動習慣というものも結構あることをご存知でしょうか?

意外に自分自身も気が付かない行動について紹介したいと思います。

1 動かない習慣がどこかに身についていないか?
デブ習慣がある人には、どこか動かなくてもいいような習慣が身についてしまっています。
ちょっとしたものを取るのにも、自分の近くに物を置きすぎてしまって動く機会が減っているとか
車のようなものを多用したり、電車でもすぐ座るなどカロリーが消費されない習慣が身についてしまっていることが太りやすさにつながります。

2 徹夜や夜更かしが多い
徹夜が多いのもやはり痩せにくい習慣ができやすいです。
寝る時間が減ると、レプチンという食欲を抑制させるホルモンの分泌が減り、グレリンという食欲をアップさせるホルモンが増えます。
そうなるとつい食べる量も増えますので、太りやすいというわけです。

3 猫背
猫背は 体が曲がることによって、老廃物やリンパの流れが悪くなり、代謝を悪くすることから痩せにくい体質になります。
姿勢というのもなかなか治しにくいものの一つですので、自分では気が付かないことが多いのでやっかいです。
できれば人に見てもらうのが一番いいでしょう。