睡眠不足だと肌の調子がわるくなるのはなぜ?睡眠が美容によい理由とは

睡眠が美容に良いのはなぜなのでしょうか?

睡眠が不足している状態のことを考えると分かりやすいですが、仕事などで忙しく睡眠不足がずっと続いているような状態のときは肌が荒れやすく肌トラブルも普段より発生しやすくなるものです。
逆に睡眠を毎日しっかり取っていれば肌の調子もよくなります。
これには睡眠中にでている成長ホルモンが深く関わっています。
成長ホルモンとは夜眠りに入ってから大体2時間ぐらいたったころに出ています。
成長ホルモンによって肌の生まれ変わりが促進されますので、しっかりと成長ホルモンが出るような受胎にしてあげることができればそれが美容によい状態となります。
睡眠不足だと成長ホルモンがしっかりと出ませんので肌の生まれ変わりもうまくいかなくなってしまい、結果的に美容によくないような状態になりやすくなってしまいます。
成長ホルモンをしっかりと出すためには睡眠の質をよくしていくことがとても大切になってきます。
睡眠の質を高めることができれば成長ホルモンがたっぷりでますので肌の調子も良くなり美容によい影響を与えてくれます。
夜にぐっすりと眠れるように寝室の状態をよくしたり、寝る前の過ごし方を考えるなりして睡眠の質を上げましょう。