ダメージ多い足裏をきれいに保つ効果的ケア方法

きれいに足の爪までケアしていても、意外におろそかにになりがちな足裏。
放っておくと、かかとはひび割れ、足の裏の皮がむけていたり、豆や魚の目ができていた、なんてこともあります。
毎日酷使している体の部分で足裏は一番ダメージをうけます。
特に女性の場合、サンダルやパンプスを履くのでダメージは顕著に現れます。
夏の場合、素足で過ごすことも多いので、足のうらが硬くなってしまいます。
そのまま冬まで過ごしてしまうと、今度は乾燥してしまい、硬くなった皮膚がひび割れ始めます。
靴下を履くときにひっかかったり、タイツ、ストッキングがやぶれてしまったり、白い粉がふいたします。
とそうなると治すのがやっかいで、時間もかかります。
やはり毎日のケアが大切で、ケア方法としてはお風呂上りに、フットクリームを毎日足裏に刷り込むように塗ります。
やはり、乾燥が一番の大敵なので、足の裏の状態がよくても、毎日塗ることが大切です。
乾燥がひどいときには、クリームを塗って靴下をはいてねます。
夏の終わりには一度、フットケア専門店に行って酷使した足をきれいにしてもらいます。
かかとを少しやすってもらったり、魚の目、たこなどをきれいに処理してもらい、冬にそなえます。
1年に1、2度程度なら経済的にもたすかりますし、その後の自宅でのケアが劇的に楽になり、効果も持続できます。

“”