肌がどんどんきれいになる正しいピーリングの方法

肌にたまった古い角質をそのままにしておくと、肌のくすみや化粧ノリが悪いなどといった肌トラブルが起きてしまいます。
角質は本来であれば、新しい細胞ができることのよって自然と剥がれ落ちてくれるのですが、食生活やストレスなど様々な要因でターンオーバーが乱れてしまうと、新しい細胞ができずにとどまったままになってしまいます。
これをターンオーバーの乱れを改めるために、ピーリングが有効です。
自宅で簡単にできる方法では、市販のピーリングジェルやAHAなどフルーツ酸が入った石鹸での洗顔などです。
AHAは刺激の弱い成分です。
ピーリングジェルは、マッサージをするように肌になじませると、古い角質と一緒にぽろぽろと落ちてきます。
洗った感じが一番きれいになったと感じるのがジェルです。
石鹸は、しっかり泡立て泡でパックするように少し長めに置いてから流します。
石鹸は体にも使えますので、黒ずみが気になるところも一緒にケアできるのが嬉しいです。
ピーリングは便利ですが、必要以上に使いすぎると肌を刺激して、もっとターンオーバーが乱れてしまうので使用頻度には注意しましょう。
そして、使用後はしっかりと保湿をし、きれいな肌を目指しましょう。