ダイエットには睡眠で痩せホルモンを優位にする

ダイエットを成功させるためには、食べすぎを防ぐことが大切ですが、それには睡眠も大きく関係しているのです。
食欲を抑制したり増進させたりするホルモンも
ありますが、それらは睡眠に大きく左右されます。
まず睡眠不足になると、食欲を抑えるホルモンであるレプチンの分泌量が少なくなります。
このレプチンは食欲を抑えるだけでなく、カロリーを多く消費する役割も担っているのです。
睡眠時間8時間と5時間を比較したところ、睡眠時間8時間の方が
15%ほどレプチンの分泌が多かったのです。
それだけでなく、睡眠不足が続くとレプチンと正反対の働きをするホルモン、つまり食欲を増進させて脂肪をためこむ
グレリンの分泌が多くなります。
このグレリンもやっかいで、濃い味のものや糖質を多く含んだ食品が食べたくなります。
最悪1日1食分近くという非常に多くの
カロリーを余分に摂取してしまうリスクもあるぐらいです。
そこでダイエットを成功させるためには、痩せる方向に働くレプチンの分泌量を増やし、太る方向に働く
グレリンの分泌量を減らすことが大切です。
そのためには睡眠時間をしっかりと確保する必要性が大いに生じるのです。
とにかく夜更かしはしないで、用事を済ませると速やかに床に就くことをおすすめします。